デビュー3年目の団野大成騎手(21=斉藤崇)が、今秋に英国のニューマーケットで武者修行を行うことが21日までに分かった。

夏競馬が終わってすぐに渡英。ビザの関係でレースには騎乗できないが、名門ロジャー・ヴァリアン厩舎を拠点に2カ月弱、無償で調教にまたがり研さんを積む。以前から海外に行きたいという気持ちがあった団野にとって、所属厩舎が管理するクロノジェネシスの凱旋門賞挑戦が大きなきっかけになった。「宝塚記念を勝った時に、(現地に)ついて行きたいと先生に言ったら、『せっかくだったらもう少し見てきたら?』と言っていただいて、話している中で英国へ行くことになりました。向こうの競馬は日本みたいに恵まれていないので、そういうところも見て来たいと思っています」と話した。

遠征中、身の回りのことはすべて自分で行う。「英語を勉強しているのですが、難しくて・・・」と話すように不安もあるが、「将来を見据えて海外に行こうと思いました」との言葉は力強い。今年すでに重賞2勝を挙げている若手のホープが、欧州遠征を経てさらなる飛躍を遂げる。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】