産駒のインティ(牡7、野中)が19年フェブラリーSを勝つなど種牡馬として活躍したケイムホームが8日午後10時10分、けい養(けいよう)先の日本軽種馬協会九州種馬場(鹿児島県大崎町)で急性腹症で死んだ。22歳だった。

父ゴーンウエスト、母ナイスアッセイの子で98年に米国で生産。現役時は米G1・3勝を含む重賞8勝、12戦9勝の好成績を挙げた。03年に米国のレーンズエンド・ファームで供用を開始。その後日本に輸入され、08年から静内種馬場で、18年からは九州種馬場で供用されていた。

産駒はインティのほか、タガノトネールが16年武蔵野S(G3)を、サウンドリアーナが12年ファンタジーS(G3)を制覇。母父としても昨年ジャパンCとチャンピオンズCを連闘して話題になったヨシオ(牡8、森)などを輩出している。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】