6戦無敗でG1大阪杯を制したレイパパレ(牝4、高野)が登録していた10月3日パリロンシャンの凱旋門賞(G1、芝2400メートル)を回避することが分かった。9日、所有するキャロットクラブが発表した。

前走の宝塚記念(3着)では同じく凱旋門賞に登録するクロノジェネシス(牝5、斉藤崇)に敗れ、デビュー7戦目にして初黒星を喫していた。現在は滋賀のノーザンファームしがらきに放牧中で、今後は秋の国内レースを目標に調整を進めていくという。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】