エリザベス女王所有のディープインパクト産駒が待望の初勝利だ-。

3日、レスター競馬場の4R(牝馬限定ハンデキャップ戦、芝2000メートル、5頭立て)に出走したディープインパクト産駒ポートフォリオ(牝3、M・スタウト)が2着に4馬身差の快勝。デビュー5戦目で初勝利を挙げた。鞍上はパット・ドブス騎手で勝ちタイムは2分8秒69。

エリザベス女王の所有した名牝ハイクレア(英1000ギニー、仏オークスを制覇)のひ孫がディープインパクト。ポートフォリオはエリザベス女王が自身の所有する繁殖牝馬ディプロマをわざわざ日本へ送り、思い入れのあるディープインパクトと交配させ、日本で生まれている(生産者はエリザベス女王)。

今年は英オークスをディープインパクト産駒スノーフォールが16馬身差で圧勝し、あらためて種牡馬ディープインパクトが脚光を浴びている。ポートフォリオは昨年9月にケンプトンパークのデビュー戦で首差の2着。その後も惜敗続きだっただけに、関係者にとってもうれしい初勝利となった。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】