<宝塚記念:1週前追い切り>

上半期を締めくくる宝塚記念(G1、芝2200メートル、27日=阪神)の1週前追い切りが17日、東西トレセンで行われた。

2年連続参戦のアドマイヤアルバ(せん6、柄崎)は美浦坂路を単走で追われ、4ハロン55秒2-13秒5を馬なりで計時。軽快な脚さばきで馬場の真ん中を駆け抜けた。高梨助手は「時計は遅かったけど、馬の気持ちに合わせて乗った。スムーズに加速して動きはよかったですよ」と評価した。転厩初戦となった前走目黒記念は、15番人気の低評価を覆して3着に激走。「スローで展開に恵まれたけど、この馬もいい脚を使っている。ブリンカーを使ったのも大きい」と振り返る。昨年は14着だが、環境が変わった今年はひと味違う。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】