阪神メインの牝馬限定ハンデ重賞マーメイドS(G3、芝2000メートル、20日)は17日、出走16頭が確定した。8分の4の抽選を突破したキングスタイル(牝4)で今年3月開業の田中克典師(33)は重賞初挑戦。格上挑戦ながら軽ハンデ50キロを生かし一発を狙う。

前走後はここを目標に調整され、16日の最終追いは重馬場の坂路で4ハロン53秒5-12秒8。併せ馬で遅れたものの足立助手は「動き自体は悪くなかったと思いますし、カイバも食べているので前走ぐらいの状態では出せるかなと思います」と語る。

過去10年で3連単10万円超の配当が8度も飛び出す波乱含みの一戦。勢いと軽ハンデを味方に初重賞制覇も夢ではない。【奥田隼人】

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】