<北海優駿(ダービー)>◇17日=門別◇H1◇ダート2000メートル◇3歳◇出走8頭◇JBC協会協賛ルヴァンスレーヴ賞

3歳3冠レース第2章はラッキードリーム(牡3、林)が、単勝1・3倍の断然1番人気に応えて快勝。前走北斗盃に続き2冠を奪取し重賞通算4勝目。林厩舎は同レース初勝利、石川騎手は15年フジノサムライに続き2勝目となった。

道中は後方に待機。3コーナーからポジションを上げ、直線先頭で粘る2着リーチを残り200メートル付近で捉え、最後は1馬身差をつけてゴール。北斗盃に続き林厩舎ワン・ツー決着となった。石川騎手は「能力を出せる位置を向正面からリズム良く取れたので良かった。リーチの反応が思った以上に良かったですが、最後は頑張ってくれました」と喜びを口にした。今後は7月22日の王冠賞(1800メートル)で19年リンゾウチャネル以来、史上6頭目の3冠達成に挑む。

<リーチ=2着>服部騎手 馬の状態もすごく良くうまく乗れたけどなあ。最後は距離の適正が出てしまった感じ。それにしても勝った馬は強いよ。

ラッキードリーム ▽父 シニスターミニスター▽母 サクラスリール(ファンタスティックライト)▽牡2▽馬主 林正夫▽調教師 林和弘▽生産者 谷岡牧場(北海道新ひだか町)▽戦績 9戦6勝(うち中央1戦0勝)▽総収得賞金 5320万円▽主な勝ち鞍 20年サッポロクラシックC、JBC2歳優駿、21年北斗盃

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】