無傷5連勝で桜花賞を制し、オークス8着で初黒星を喫したソダシ(牝3、須貝)の次走に札幌記念(G2、芝2000メートル、8月22日)で古馬と初対戦し、秋華賞に向かうプランが浮上した。須貝師が16日「まだオーナーとは話していませんが、札幌記念なら52キロでいけるでしょうし、選択肢としてはあります」と明かした。

師は「秋華賞を狙っていくなら、そこを使うのもありかな、と思っています。札幌競馬場も盛り上がるでしょうし。オーナーと相談して決めたいと思います」と話した。函館の新馬戦から札幌2歳S(G3)と北海道で連勝した実績があり、参戦なら断然の主役になりそうだ。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】秋競馬ホクホク!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】