<東京3R>◇13日=東京◇ダート1600メートル◇3歳未勝利◇出走16頭

17年のダービー馬で種牡馬入りしているレイデオロの全弟アルマドラード(牡3、藤沢和)が、デビュー4戦目で待望の初勝利を挙げた。

3カ月ぶりの一戦は初めてダートに挑んだ。ハナに立つ勢いから好位の内ラチ沿いに控えた。直線では残り100メートルを切ってから逃げ粘るロードレイラインを捉え、1馬身4分の1差振り切った。勝ち時計は1分38秒4。

デビューから3戦はすべて1番人気だったが、この日は2番人気。4戦すべての手綱を取ったルメール騎手は「ちょっとびっくりした」と笑顔を見せ「ポジションが取れたし、砂をかぶらなかった。能力はありそう。ダートではよくなると思う」と評価した。19年エプソムCの覇者レイエンダも全兄に当たる。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】