<東京ダービー>◇9日=大井◇S1◇ダート2000メートル◇3歳◇出走16頭◇1着賞金5000万円◇1、2着馬にジャパンダートダービーの優先出走権

1番人気のアランバローズ(牡、船橋・林正人)が逃げ切った。好スタートからスッとハナを奪い、向正面でペースを落ち着けた。4角でも手応えは十分。直線でしぶとさを発揮し、食い下がるギャルダルを4分の3馬身差で振り切った。勝ちタイムは2分6秒6。3着にはブライトフラッグが入った。

左海騎手は「最高の気分です。気分良く、リズム良く走らせることだけ考えていた。最後まで頑張ってくれ、頑張ってくれ、と油断せずに乗りました」と笑顔で話した。

2冠を狙ったトランセンデスは好位を追走したが、3角あたりで手応えが怪しくなり11着に沈んだ。39度目の参戦だった的場文男騎手のトーセンマッシモは10着。「大井の帝王」の悲願達成はまたも持ち越しとなった。

馬連(8)(9)1万2240円、馬単(9)(8)1万7980円、3連複(8)(9)(13)10万4510円、3連単(9)(8)(13)43万2750円。

(注=成績、払戻金などは、必ず主催者のものと照合して下さい)

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】