18年の新潟大賞典を制したスズカデヴィアス(牡10、橋田)が6日の中京1R(障害オープン、芝3330メートル)で競走を中止して安楽死となった。2周目2コーナーで北沢騎手が下馬。左第1指関節脱臼と診断された。JRA現役最年長タイの10歳だった。

14年ダービー(勝ち馬はワンアンドオンリー)にも出走(9着)するなど3歳時から活躍した。19年秋から翌20年春にかけてはオーストラリアへ長期遠征して6レースに出走した。同年秋に障害へ転向して初戦で勝利を挙げると、中山大障害にも挑戦(11着)した。通算成績は51戦7勝(うち海外6戦0勝、障害5戦1勝)。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】