マルターズディオサ(牝4、手塚)の反撃態勢が整った。少し汗ばむ陽気の午前9時、落ち着き払った雰囲気で馬場入り。角馬場で入念にウオーミングアップ後、ウッドコースに入り軽めのキャンターを1周。小気味のいい軽やかな脚取りでスピード感十分に駆け抜けた。

またがった平塚助手に「いい感じですね。動きにキレがあるし背中もビシッとしてる。いつも歯切れが悪い方なんだけど、僕が乗っている中ではいい方ですね」と言わしめるほどだった。

中間はテンションが高くならないように単走で追い切った。同助手は「短い距離を使って少し気が入っているけど、高まらないよう調整してきた。メンタル面は安定している」と話す。暑い中での運動だったが、目立った発汗は見られなかったのにも好感が持てた。マイルは全4勝中3勝の得意距離。持ち前の先行力を生かせれば、巻き返しは可能だ。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】