<京王杯SC>◇15日=東京◇G2◇芝1400メートル◇4歳上◇出走17頭◇1着馬に安田記念優先出走権

1番人気ラウダシオン(牡4、斉藤崇)が押し切った。ビオグラフィーが単騎逃げに持ち込む展開を、離れた2番手で追走する。直線入り口では5馬身以上の差があったが、徐々に逃げ馬との差を詰めて残り150メートルほどで先頭へ。そのままゴールに飛び込んで昨年のNHKマイルC以来、1年ぶりとなる勝利をつかみ取った。勝ち時計は1分19秒8。

鞍上のミルコ・デムーロ騎手(42)騎手は4月22日に長男ジョシュア君が生まれたばかり。息子誕生後、初めてのJRA重賞勝利となった。

2着には外から追い込んだ10番人気トゥラヴェスーラ(牡6、高橋康)、3着には4番手を進んだ8番人気カイザーミノル(牡5、北出)が入った。

馬連(10)(12)5340円、馬単(10)(12)8230円、3連複(5)(10)(12)1万6740円、3連単(10)(12)(5)8万5730円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】