2日の阪神2Rで落馬し椎体骨折、右肩甲骨骨折を負った北村友一騎手(34)は、復帰まで半年以上の長期休養を余儀なくされることが分かった。背中の骨が8本折れていて、先週末に手術を受けて無事に成功。

北村友騎手は「普通に歩けるようになるまで時間がかかりそうです。運が良ければ早い復帰もできそうですが、長期離脱も考えられます。リハビリ頑張ります」と話した。

調教師や関係者の元には復帰まで「半年以上かかりそうです」との連絡があったという。主戦を務めるG1・3勝クロノジェネシス(牝5、斉藤崇)は6月27日阪神の宝塚記念(G1、芝2200メートル)を目指しているが、騎乗は厳しそうだ。

  1. お得な新入会プラン登場!【極ウマ・プレミアム】でG1を当てよう!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】