天皇賞・春を制したワールドプレミア(牡5、友道)が、上半期のグランプリ・宝塚記念(G1、芝2200メートル、6月27日=阪神)には向かわず、秋に備えることになった。管理する友道康夫調教師(57)が8日に明かした。

同師は「水曜(5日)にノーザンファームしがらきへ放牧に出して、木曜に見に行きました。来週火曜(11日)には北海道へ放牧に出します。春はもう使わず、秋はジャパンC(G1、芝2400メートル、11月28日=東京)が目標になる」と話した。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】