<新潟大賞典:追い切り>

日曜メインの新潟大賞典(G3、芝2000メートル、9日)でサンレイポケット(牡6、高橋忠)が待望の重賞初制覇を狙う。2週連続で鮫島駿で追い切り、5日は坂路4ハロン54秒1-12秒3。高橋忠師は「いい状態をキープしている。ジョッキーにこの馬の癖はつかんでもらっている」と手応えありだ。

昨年の新潟記念から重賞5戦で3着2回。5戦すべてが0秒5差以内の惜敗。前走・金鯱賞は6着も勝ち馬とは0秒2差だった。直線はしぶとく伸ばして迫り、しまいの脚はいつも使える。あと1歩だ。「左回りにこだわって使ってきている。流れが向けばチャンスはある」と師。テン乗り鮫島駿騎手が、初タイトルをもたらすか。

  1. 回収率100%超!絶好調記者ほか全予想陣の印が見られる!
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】