<コスモバルク記念>◇4日=門別◇H2◇ダート1800メートル◇3歳上◇出走9頭◇JBC協会協賛ゴールドシップ賞

シーズン第1弾の古馬重賞は、昨年の道営記念覇者クインズサターン(牡8、安田)が貫禄勝ちした。

道中は後方に待機し、3コーナー付近から一気にギアチェンジ。大外を回って楽々と先行勢を捉え、2着に2馬身半差をつけてゴール。落合騎手は「(前走から12キロ増で)つくりは甘かったですが、それでいて今日も強かった。3コーナーで手綱を投げると、自分からハミを取って加速したので大丈夫だと思いました」。これで前走浦和記念を除けば門別では5戦全勝、重賞2連勝とした。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!