新潟大賞典(G3、芝2000メートル、9日)でサトノエルドール(牡5、国枝)が重賞初挑戦だ。

前走美浦Sは初ブリンカーが奏功し、好位抜け出しの完勝。これまでは末脚勝負一辺倒のディープインパクト産駒だったが、走りに自在性が出た。国枝師は「中間も順調だよ。3勝クラスを勝つのに時間がかかったので大きなことは言えないが、メリハリの利いた走りになってきた」と好走を期待する。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!