ばんえい十勝は23日、楽天競馬との共同企画で実施している「ばんえいアワード2020」の受賞馬と受賞者を発表した。

ファン投票と選定委員会を経て決められた20年度の「ベストホース(帯広市長賞)」には、3月のばんえい記念を初制覇したホクショウマサル(牡10、坂本)がファン投票で24・8%の支持を集め選出され、「ベストジョッキー(楽天競馬賞)」には、同馬のパートナーで年間180勝で初のリーディング1位になった阿部武臣(49)が同34・8%の支持を集め選ばれた。

ホクショウマサルは18年7月から20年2月まで1年7カ月にわたって国内競馬最多の31連勝をマーク。昨年3月のばんえい記念3着で記録が止まった。2度目の挑戦ではオレノココロ、コウシュハウンカイなどの実力馬を相手に雪辱Vを果たし、ばんえい界の頂点に立った。23日に北海道の帯広競馬場で開幕した21年度開催でも主役を務める。

【表彰馬部門】▽ベストホース ホクショウマサル(坂本)▽最優秀2歳 オーシャンウイナー(中島)▽最優秀3歳 キョウエイリュウ(村上)▽最優秀4歳 メムロボブサップ(坂本)▽最優秀5歳以上 コウシュハウンカイ(松井)▽最優秀牝馬 フェアリースズ(岩本)

【表彰者部門】▽ベストジョッキー 阿部武臣▽特別賞(騎手) 金田利貴▽リーディング騎手(日刊スポーツ賞) (1)阿部(2)鈴木(3)藤野(4)藤本(5)西謙▽最優秀生産者 山根福司▽特別功労賞(生産者) 六車實子▽最優秀厩舎 松井浩文▽特別賞(厩舎) 坂本東一※敬称略

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!