3番枠キセキの出方に注目が集まる。

辻野師は「少頭数なので枠はどの枠に入っても影響はないと思っていました。隣の4番に逃げ馬のタイムワープが入ったのがどう出るかですね」と印象を語った。角居厩舎時代から付きっきりで担当する清山助手は「歴戦の古馬ですし、環境にも慣れて十分に落ち着いています。オンとオフの切り替えができているのは良いですね」と相棒の雰囲気に好感触だ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!