今年から種牡馬入りした国内外G1・3勝馬アドマイヤマーズ(牡5)がシャトル種牡馬としてオーストラリアへ渡ることが決まった。

繋養先となるアローフィールドスタッドが22日に発表した。種付け料は2万2000豪ドル(約190万円)。昨年12月に引退して社台スタリオンステーションで種牡馬入りしており、種付け料は300万円となっている。昨年はコロナ禍の影響で日本からのシャトル供用を休止しており、2年ぶりの再開となる。モーリス(牡10)も渡豪する予定で、種付け料は4万4000豪ドル(約380万円)となっている。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!