川崎競馬では18年ぶりとなる女性騎手の神尾香澄騎手(19=山田質)が19日、川崎3Rでデビューした。

8番人気レーヴエモーションに騎乗。後方から差を詰めて7着だった。神尾騎手は「レース運びを冷静にするイメージはしていたのですが、頭がいっぱいいっぱいになって、余裕がなかった。もっとレースの流れを感じ取って、冷静に追いたいです」と振り返った。この日は6鞍に騎乗。3、5、12Rの7着が最高だった。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!