チェアマンズスプリントプライズ(G1、芝1200メートル、25日=シャティン)は唯一の海外遠征組となるダノンスマッシュ(牡6、安田隆)が主役だ。

昨年12月の香港スプリントでG1初制覇を果たし、3月の高松宮記念で国内G1初勝利。お手馬ホットキングプローンが回避した名手モレイラを鞍上に迎え、日本馬の同レース初制覇の可能性は高い。長らくスター不在の香港スプリント路線で今回の相手はおなじみの顔ぶれ。香港スプリント2着のジョリーバナー(セン9、P・イウ)、同3着ラタン(セン7、R・ギブソン)を含め12頭中9頭が昨年末の香港スプリントで破っている。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!