<極ウマ記者、週末はみんなでジャンプ>

春G1シーズンに突入し、障害競走の予想もG1中山グランドジャンプへ向けて盛り上がっていきます-。予想が絶好調の三嶋まりえ記者、北九州出身の井上力心(よしきよ)記者、海外競馬&ジャンプ大好きの木南友輔記者が障害競走を楽しく、そして、本気で予想します。

まりえ やばっ。もう、中山グランドジャンプウイークがきちゃいましたよ。

力心 春の大一番だね。僕たちもこの日のために冬コクから毎週末、障害競走の予想に真剣に取り組んできました。

木南 俺はここ数年、中山グランドジャンプと中山大障害が自分の中心にある気がしてる。なんつーか、説明するのは難しいんだけど、普通じゃなく、感動するんだよ。

まりえ 土曜中山のメインなので、予想は紙面の方を読んでもらうとして・・・。でも、世界的にもやばいですよね。先週はイギリスのグランドナショナルで女性騎手が勝ったって快挙の話題が・・・。

木南 レイチェル・ブラックモアだね。一昨年チェルトナム行ったときに取材パスの裏に彼女のサインもらったんだ。取材に行った記念にね。日本人で彼女のサイン持ってるのなんて、俺だけかもしれない。笑顔がチャーミングなアイリッシュのジョッキーです。

力心 彼女やホリー・ドイルの活躍でどんどん女性のジョッキーが活躍の場を拡げていく。日本のJRAも藤田菜七子騎手の頑張りから古川奈穂、永島まなみと女性騎手が増えて、女性騎手の活躍が当たり前になっていく、そういう流れができていくかもしれません。オジュウチョウサンの存在で近年注目を集めている障害競走ももっともっと盛り上がっていってほしい。

まりえ グランドジャンプは本当にすごいメンバーです。連勝がストップした絶対王者オジュウチョウサン対昨年の最優秀障害馬メイショウダッサイ、それから昨年の中山大障害2着ケンホファヴァルト、昨年の京都ジャンプSで絶対王者を止めたタガノエスプレッソ、グランドJと大障害で3着があるマイネルプロンプト、一昨年の中山グランドJ2着シンキングダンサー、冬コクの牛若丸ジャンプSを快勝したヒロシゲセブン、勢いのある4歳馬スマートアペックス・・・。はぁはぁ・・・。

木南 天気が悪くなりそうなので、昨年ほどではないかもしれないけど、タフなレースになりそう。馬だけでなく、ジョッキーの騎乗、仕掛けにも注目して、熱戦を楽しんでほしい。

まりえ 芝4250メートル。大竹柵、大いけ垣はいずれも高さ1メートル60センチ。中山名物のバンケットを何度も乗り越えて・・・。メッチャタフなコースです。すべての人馬が無事に走り終えてほしいですね。

力心 グランドジャンプの前には4Rの障害未勝利戦(直線ダート2880メートル)があります。こちらの予想を・・・、僕は初障害のクライムメジャーに期待します。平地の芝で5勝を挙げた実績がある馬。シルクレーシングの良血馬ですし、短距離で活躍してきたバネを生かした飛越力を期待します。

木南 俺は◎モズエロイコ。前走は積極的な競馬で首差の2着。3戦目で決めてほしいところ。

まりえ 平沢騎手は5勝2着2回。これまではG3を5勝していますが、まだG1勝ちはありません。ここで勝つと、メインのタガノエスプレッソにいい流れで迎えると思います。

木南 俺は土曜は中山競馬場で取材です。現地で見たいけど見られない競馬ファン、障害競走(ジャンプレース)ファンの分までしっかりこのレースを目に焼き付けます。

◆三嶋毬里衣(みしま・まりえ)1994年(平5)12月2日生まれ。最初に見た競走馬はアーモンドアイ。好きな飲み物はクラフトビール。ツイッター「@mishima_marie」でさまざまな競馬情報を発信中。今年は冬コク(1回&2回小倉)の障害競走予想で◎が【9・5・4・6】と抜群の成績を残した。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。紙面ではマーケティング用語を駆使した独自(おそらく世界初)の競馬予想にチャレンジ。今年のG1予想はフェブラリーSで◎エアスピネル(9番人気2着)、先週の桜花賞で◎ファインルージュ(8番人気3着)を推奨しており、今もっとも勢いのある予想記者の1人。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!