<天皇賞・春:2週前追い切り>

日経賞3着のワールドプレミア(牡5、友道)はCウッド単走で長めから乗られ、7ハロン99秒8、6ハロン84秒0-12秒7。

友道師は「単走でサッとやりました。間隔も詰まっているので、これくらいでいいのかなと思います。前回は仕上がりが六、七分ぐらいだった中、前哨戦としては100点の内容だった。いい感じできています」と納得の表情だった。来週は初コンビの福永騎手がまたがる予定。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!