<追い斬り激論:皐月賞>

牡馬クラシック初戦・皐月賞(G1、芝2000メートル、18日=中山)の最終追い切りが14日、東西トレセンで行われた。「追い斬り激論」では、岡本光男記者が栗東Cウッドで力強い動きを見せたダノンザキッド(牡3、安田隆)を推奨。追い切り評価も唯一の「S」を獲得した。対する木村有三記者は、前走きさらぎ賞1着で、精神面の成長がありそうなラーゴム(牡3、斉藤崇)をピックアップした。

    ◇    ◇    ◇  

岡本 感動したね。

木村 松山英樹のマスターズ制覇ですか。元ゴルフ担当の僕も、感動して涙が出ました。

岡本 いつも馬券で泣いてるのにね。

木村 それは禁句です・・・。今週は皐月賞。追い切りでいい馬はいましたか。

岡本 ダノンザキッドが力強いフットワークやったね。この馬は走りにスケール感がある。跳びが大きくて、豪快な走り。2年前の皐月賞馬サートゥルナーリアのようやね。

木村 最終追いはCウッド、単走で6ハロン85秒9-11秒9。馬なりでも前脚が高く上がってかきこみが強く感じたし、確かにいい動きでしたね。

岡本 コーナーは右手前で回って、直線は左手前に替えていた。安田隆師も「きれいに右、左と手前を替えていた」と満足そうやったし「直線は体がグッと沈んだような気がしました。評価はAです」と胸を張っていた。日刊スポーツの評価は師より上の「S」や。

木村 昨年のホープフルSを勝った最優秀2歳牡馬ですし、もちろん能力は高いと思っていますが、前走の弥生賞ディープインパクト記念3着が・・・。本命だったのでショックでした。

岡本 1度の失敗で気落ちしてるようじゃ、立派なゴルファーにはなれんな。確かに位置取りがいつもより後方になって、リズムも悪かったけど、安田隆師は「本番でああなるのが嫌だったので前哨戦を使ったんです」と話していた。3歳馬は休み明け初戦でテンションが上がることがあるからね。1度使ってガス抜きできた今回は本来の走りをすると思うよ。師も「多少落ち着いてきた」と精神面の変化を感じていたから。

木村 僕は、ラーゴムの走りが良く見えました。

岡本 Cウッド単走、馬なりで6ハロン85秒6-12秒0か。時計はほぼダノンザキッドと同じやね。

木村 前走時は調教でも引っ掛かり気味だった馬が、スムーズに折り合って軽快な走りでした。北村友騎手は「良かったと思う。体をよく使えていた。一定のリズムを刻めたのも良かった」と。前回までは引っ掛かるのでリングハミを使っていましたが、今回は馬のバランスが整ってきたので標準的な水勒(すいろく)ハミに替えます。

岡本 ダノンザキッドと同様にメンタルが安定してきたか。

木村 ラーゴムは過去4戦2勝、2着2回と崩れ知らず。きさらぎ賞も道中掛かり通しでも押し切りました。「勝負根性がある」と鞍上も長所を口にしていました。斉藤崇師も「コーナリングもバランスも良かった」と成長を感じてました。皐月賞は前走1着馬が強いレースですしね。

岡本 松山英樹ばりの“イーグル”を狙うつもりやな。

◆前走1着馬が強い 過去10年の皐月賞連対馬20頭の前走着順を見ると、実に15頭が1着だった。過去10回中7回が前走1着馬によるワンツーだ。前走勝利は皐月賞連対の必須条件か。残る5頭は前走2着3頭、4着2頭で、前走3着馬の連対は1度もない。前走・弥生賞3着のダノンザキッドがデータを覆すか。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!