14日に開幕したホッカイドウ競馬門別開催6Rで、全国のトップを切って2歳新馬戦(フレッシュチャレンジ競走、ダート1000メートル)が行われ、新種牡馬コパノリッキー産駒のラブミードール(牝、角川)が逃げ切り、世代最初の勝ち名乗りを上げた。

応援に駆けつけた小林祥晃オーナーは「リッキーの子でこれを勝ちたくて、当歳の時に無理を言って(生産者の)グランド牧場さんに譲っていただいた。スタートが良くスピードもある。まずは栄冠賞を目指したい」と夢を膨らませていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!