<中山グランドJ:追い切り>

昨年の中山大障害を制したメイショウダッサイ(牡8、飯田祐)は障害コースで最終追いを行った。

単走で4ハロン52秒9-12秒5。森一騎手は「先週まで十分にやっているので飛越の確認と息を整える程度。体の動きなど、ひとたたきの効果で全体的に良くなっています」と手応えを示した。昨年はオジュウチョウサンの2着。飯田祐師は「いい状態でレースに臨むことができます」と好勝負を期待した。15日に中山へ移動。16日はスクーリングを行う予定。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!