<アンタレスS:追い切り>

日曜阪神のアンタレスS(G3、ダート1800メートル、18日)でテーオーケインズ(牡4、高柳大)が重賞初制覇を狙う。

最終追いは坂路単走で4ハロン54秒9-12秒9。軽く気合をつけられると、最後まで力強い脚取りで駆け上がった。高取助手は「予定通りの追い切りができました。前走を使って良くなっている感じはあります」と好感触。

2走前の東京大賞典は強豪相手に6着と健闘し、休み明けの前走・名古屋城Sは3馬身差の快勝でオープン初勝利を飾った。充実一途の勢いそのままに初タイトルを奪取するか。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!