日経賞3着の菊花賞馬ワールドプレミア(牡5、友道)は、次戦の天皇賞・春(G1、芝3200メートル、5月2日=阪神)で新たに福永祐一騎手(44)を鞍上に迎えることが決まった。14日に友道師が明らかにした。来週の1週前追い切りに騎乗する予定。

師は「日経賞はギリギリ間に合った感じで、前哨戦としては100%の内容。1回使ってさらに良くなると思う」と期待を寄せていた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!