25日香港シャティンのチェアマンズスプリントプライズ(G1、芝1200メートル)に参戦するダノンスマッシュ(牡6、安田隆)が14日に国内最終追い切りを行った。

栗東坂路を馬なりで駆け上がり4F55秒7-12秒1をマークした。騎乗した安田助手は「よく体を使っていい動きだった。今日が競馬でもいいぐらい。前走よりさらに良くなっている」と絶賛していた。昨年は香港スプリントを制し、国内でも高松宮記念を勝利。G1・3連覇を目指し15日に出国する。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!