土曜中山メインの中山グランドJ(J・G1、芝4250メートル、17日)では、絶対王者オジュウチョウサン(牡10、和田正)が6連覇へ視界良好だ。

13日は美浦ウッドでキャンター。いつものように石神騎手が付きっきりで調教を施している。過去2年は阪神スプリングJをたたいた臨戦だが、今年は京都ジャンプS3着以来、5カ月ぶりの実戦となる。石神騎手は「今週の追い切りと金曜のスクーリングで100になると思います。18年は(中山大障害から)直行で圧巻のパフォーマンスでした。休み明けは心配していません。レースを楽しんで、いい結果を」と相棒を信頼する。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!