日曜阪神メインのアンタレスS(G3、ダート1800メートル、18日)でヒストリーメイカー(牡7、新谷)が重賞初制覇を狙う。

昨年2月の仁川S以来、勝利こそ挙げていないが7戦すべて掲示板を確保。前走のマーチSは小差の2着だった。「前走が惜しい競馬。本当、力をつけている」と新谷師は評価する。中2週での実戦だが「これまでも短い間隔で使ってきたので大丈夫」とタフだ。そろそろ重賞に手が届くか。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!