金鯱賞2着の3冠牝馬デアリングタクト(牝4、杉山晴)は予定通り4月25日香港シャティンのクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル)へ向かう。近日中に京都府の宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出される。16日に杉山晴師は「(レース後も)変わりない。一番強い内容だったと思うし着順だけが残念」と振り返った。

同5着のキセキ(牡7、辻野)も同レースを目指す。辻野師は大阪杯(G1、芝2000メートル、4月4日=阪神)も候補に挙げた上で「香港をメインに考えています。(騎手は)現地で探すつもり」と説明した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!