土曜中山メインは中山牝馬S(G3、芝1800メートル、13日)。

昨夏から安定した末脚で好走を続けるシャドウディーヴァ(牝5、斎藤誠)が重賞初制覇のチャンスだ。当舞台にも勝ち鞍がありマイルより追走が楽になるぶん条件は好転するはずだ。

オープン入りした良血馬ドナアトラエンテ(牝5、国枝)、素質馬リアアメリア(牝4、中内田)、愛知杯2着ランブリングアレー(牝5、友道)など混戦模様だ。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!