藤田菜七子騎手以来、5年ぶりJRA女性騎手となった新人永島まなみ騎手(18=高橋康)、古川奈穂騎手(20=矢作)の2人がデビュー週の騎乗を終えた。2人とも最高着順は4着で、初勝利は次週以降へお預けとなった。

土日とも小倉で8鞍に騎乗した永島騎手は土曜2Rで4着。日曜は3Rの6着が最高で「反省点が多かったので、今週のだめだったところを振り返って、次の週に生かしていきたい」と悔しそうだった。

古川奈騎手は土日とも阪神で9鞍にまたがり、日曜1Rで12番人気馬を4着に導いた。「思い通りに乗れない騎乗が多かった。悔しかったのが一番です。周りから見て、成長したと感じてもらえるように乗っていきたいです」と話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!