<中山12R>◇7日=中山◇2勝クラス◇ダート1200メートル◇4歳上◇出走16頭

1日付で新規開業した辻野泰之調教師(39)が、ロイヤルバローズ(牡6)でJRA初勝利を挙げた。6日に小倉4Rのグローブシアター(3着)で初出走を果たし、2戦目で記念の白星を手にした。

1番人気に支持されたロイヤルバローズは好位3番手でレースを進め、途中からハナに立ったラフィンクロンヌをゴール手前で首差捉えた。

辻野師は「ここまで出会えた馬たちと人たちに感謝したいです。これからも1頭1頭丁寧な馬づくりをしていきたいと思います。昨日は障害レースで、この2日間はドキドキしていました。2頭とも無事に帰って来て、今日は勝つことができてよかったです」と喜びをかみしめた。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!