障害の絶対王者オジュウチョウサン(牡10、和田正)は3日に美浦トレセンへ帰厩する。

昨年11月の京都ジャンプSで3着に敗れた後は放牧先の千葉県の和田牧場で休養していた。「今は脚もとは問題ありません。レースから逆算というのではなく、馬と向き合っていきたい」と和田正師。今後はJRA史上初の同一重賞(J・G1)6連覇がかかる中山グランドジャンプ(J・G1、芝4250メートル、4月17日)が目標になる。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!