今週末に8人の新人騎手がデビューする。関西6人、関東2人という構成で、関西所属の永島まなみ騎手(18=高橋康)と古川奈穂騎手(20=矢作)は、藤田菜七子騎手(23=根本)以来5年ぶりにJRAでデビューする女性騎手となる。

父が園田競馬で活躍した永島太郎元騎手(現調教師)という永島騎手は「父の姿を見て格好いいと思い、騎手を目指しました。騎乗技術向上に励み、日々精進していきたい。たくさん勝利できる騎手になりたいです」と抱負を語る。将来性豊かなルーキーたちは今週末、中山、阪神、小倉に分かれて初騎乗を迎える。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!