内田勝義調教師(66=川崎)は1日の川崎5Rをシンキングタイムで勝利し、地方通算1300勝を達成した。

87年6月30日の初出走から9557戦目。「周りの人たちが一生懸命、力を貸してくれての1300勝。もちろん馬主さんが一番でしょうけど、騎手、従業員、みなさんのおかげ。幸せです」と話した。所属の池谷騎手での達成には「それはうれしいですよ。今の騎乗は100点」。佐賀、門別、佐賀と期間限定騎乗を続け、今開催から地元に戻った弟子の川崎での初勝利がメモリアルとなった。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!