<阪急杯>◇阪神=2月28日◇G3◇芝1400メートル◇4歳上◇出走17頭◇1着馬に高松宮記念優先出走権

1番人気レシステンシア(牝4、松下)が鮮やかな逃走劇をみせた。2馬身差の完勝で、勝ち時計1分19秒2はコースレコード。同じG1馬のライバル、インディチャンプ、ダノンファンタジーを退け、19年阪神JF以来の勝利を挙げた。

スピード満点の走りだった。スタート直後は2番手。控える形かと思いきや、盛り返すようにハナへ出た。「2番手でもいいと思っていましたが、スピードの違いで行ってくれたので逆らわずに」と北村友騎手。直線は後続を突き放した。「強かったです。結果を出したことで楽しみも広がります」と愛馬をたたえた。

今後は優先出走権を獲得した高松宮記念(G1、芝1200メートル、28日=中京)も視野に入る。「オーナーと相談して決めます。高松宮記念? 優先出走権が取れたのでね」と松下師。スプリントでもマイルでも、レシステンシアは止まらない。【網孝広】

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!