中山記念(G2、芝1800メートル、28日)に出走するコスモカレンドゥラ(牡5、田中博)が不気味だ。前走関門橋S(3着)後は小倉で調整し、先週の小倉大賞典を除外になると、こちらへ矛先を向けてきた。

水曜に美浦へ帰厩。長距離輸送を挟み、今週は速い時計こそないが、木曜は元気に馬場入りしている。「この相手にどこまでやれるか」と田中博師。2歳秋のアイビーSではクロノジェネシスの2着。ホープフルS4着の実績もある。古馬初の重賞挑戦で上位進出があるかもしれない。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!