<中山記念:追い切り>

京都金杯覇者ケイデンスコールは岩田康騎手を背に、坂路で4ハロン55秒2-12秒0と素軽いフットワークを見せた。

「金杯の時もしまいだけの追い切りだったので。ちょうどいい」と安田隆師。「1800メートルという距離をいかにして乗り越えられるか。正直不安はある」と距離延長は鍵だが、東西「金杯」対決ともなる重賞連勝に向けて態勢は整っている。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!