調教助手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAが遅くとも昨年秋までに不正が行われている可能性を把握していたとみられることが18日、競馬関係者への取材で分かった。

独自の本格的な調査や、業界団体への調査要請もしていなかった。JRAは「調教助手らは調教師に雇われており、管理監督する立場にない」「具体的な受給事例は把握していなかった」と未調査だった理由を説明するが、関係者からは実態解明に後ろ向きだった姿勢を問題視する声もある。

  1. お得な新入会プラン登場! 競馬情報サイト【極ウマ・プレミアム】
  2. 競馬予想に【ニッカンAI予想アプリ】