87年共同通信杯4歳Sを勝ったマイネルダビテ(牡37)が30日朝、けい養(けいよう)先の岡田スタッド(北海道新ひだか町)で息を引き取った。36年8カ月の大往生だった。同馬は19年に5冠馬シンザンが記録した35年3カ月11日の重賞勝ち馬最長寿記録を更新。存命重賞ウイナーの最高齢馬とされていた。

マイネルダビテは84年5月3日生まれ。86年8月2日に函館芝1200メートルの新馬戦でデビュー(4着)した。2戦目に初勝利を飾ると、重賞路線を歩み87年共同通信杯4歳Sで1番人気に応えて重賞初制覇を飾った。同年の皐月賞(3番人気17着)、ダービー(12番人気22着)にも参戦。クラシックのタイトルには手は届かなかったが、5歳まで現役で走り続けた。

同馬を所有し、功労馬としての余生も見守ってきた岡田スタッドの岡田牧雄代表は、愛馬の死を悲しむコメントを日刊スポーツに寄せた。

「今朝、放牧に出して、しばらくしてから様子を見に行くと倒れていました。雨が降って、凍って、その上に雪が降っていたので、転倒してしまった。変な転倒の仕方をすると、終わりですよね。本当に元気だったんですが。2月さえ乗り切れば、3月になって暖かくなれば、まだ頑張れると思っていました。アクシデントだけど、寿命です。

初めて自分でお金を出して買った馬です。(当時、)牧場に他の馬を見に行きました。血統のいい馬。でも、その馬はあまりいいフットワークじゃなかった。すると、1頭だけフットワークが抜けていい馬がいました。それがダビテ。いくらなの? って聞いたら、生産者が「あんなの駄目ですよ」って。それでも値段を聞いたら300万。きょうだいはみんな未勝利でした。

自分で調教をつけて、出走させて。共同通信杯を勝った。あの時はうちの牧場で11頭流産して、牧場がつぶれてもおかしくない時期でした。それが共同通信杯を勝って、3000万近いお金が入った。本当、あの馬には助けられました。今日、私がこの業界である程度やれているのは、あの時ダビテが稼いでくれたから。馬を自分で選んで、丈夫に育てて、賞金を稼ぐということを教えてもらいました。この馬が、私の馬を見るベースを作ってくれた。全て教えられた気がします。

皐月賞は3番人気でした。中山競馬場でドキドキしていたのを覚えています。

(ダビテが)22~23歳ぐらいまで、自分で乗っていました。運動がてら。シンザンの記録を抜いた時はうれしかったですね。世界記録は40歳だから、そこまでいくかなと思ったけど。それを狙っていたわけではないですけどね。37歳だから、人間でいうと150歳ぐらい。ありえないですよね。

4年ぐらい前に立てなくなった時期があって、もう駄目かなと思ったけど、そこから回復してまた頑張ってくれました。長寿になって、いろんな人が会いにきてくれました。みんなに愛された馬です。

ここまで相談相手になってくれて、本当に感謝しています。デアリングタクトとどっちが思い入れあるかって言ったら、圧倒的にダビテですよ。私にとっては無二の存在です。ちゃんとお墓をたててあげたいですね」

(※サラブレッドの最長寿記録は19年8月3日に死んだシャルロットの40歳2カ月20日)

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!