カナダで騎乗する福元大輔騎手(23)が27日、栗東を訪問した。17年に同国で騎手免許を取得して昨年はダービーにあたるクイーンズプレートを勝つなど躍進した。

現在はシーズンオフで帰国中。コロナ禍の影響でトレセンには入れなかったが、取材に応じ「去年はダービーを勝てたのが大きかった。その後は騎乗馬の質や知名度も上がった。でも自分はまだまだ。米国や欧州でも乗ってみたいし、今はまだ考えてないけど、いつかは短期免許とかで日本でも乗りたい」と意気込んでいた。JRAでは藤田菜七子騎手が同い年にあたる。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!