<シルクロードS:追い切り>

今年は中京競馬場で行われる日曜メインのシルクロードS(G3、芝1200メートル、31日)は、メンバー唯一の連勝馬ヴェスターヴァルト(牡4、加藤征)が初重賞制覇へますます上昇ムードだ。

27日の最終追い切りでは坂路を1本上がってウオーミングアップののち、美浦ウッドを馬なりで5ハロン68秒2-12秒9。4馬身先行したレイトンヒル(3歳未勝利)に楽々と併入した。軽々としたスムーズな脚取りでひと追いごとに状態を高めている印象だ。ここ2週は週末の日曜日にも馬場入りし、緩めずにコースで軽めの追い切りを消化している。

加藤征師は「しっかり予定通りに調教をこなしています。若干重さがあったので週末にも微調整してきました。これで十分だと思います。(ここ2戦は)だいぶ競馬を覚えてきているし、ちょうど折り合える距離なのも最後の伸びにつながっている。(前走からの距離短縮も)そんなに動かさなくても前に壁をつくりながら追走できると思う。枠はできれば真ん中くらいが理想的」と状態には納得の様子だ。

昨年のG3ファルコンSでも3着に来ている通り、重賞級の能力を秘めていることは間違いない。スピード、しまいの決め手をますます磨いた今なら一線級のスプリンター相手にも引けは取らない。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!