<ジャンプを制するものは冬コクを制す:1回小倉4日目>

今年の冬の小倉開催「冬コク」の目玉はなんと言っても、史上初、開幕週から最終週まで8週連続で3鞍ずつ、合計24鞍組まれている障害競走=「ジャンプ競走」です。障害専用コースを持つ小倉で繰り広げられる熱いバトル。自費で海外の障害競走を取材に行くほどジャンプ大好きの木南友輔記者と、地元小倉出身の井上力心(よしきよ)記者が1回&2回小倉開催の障害競走、全24戦を予想します。

力心 土曜4R◎ヨシオは5着。昨秋にジャパンC、チャンピオンズCを走った馬で話題になりましたが・・・。スタートからずっと好位で競馬を続けていましたし、センスが感じられる飛越。次につながる競馬だったと思います。

木南 ◎エイシンクリックはダッシュがつかず、後方からの競馬になったけど、ここでは力が違ったね。冷静な立ち回りから最後は2着に2秒7差の大差勝ち。雨、やや重の馬場で3分12秒2の時計も良かったと思う。昇級しても楽しみな勝ちっぷりだった。

力心 5Rの障害オープンはまた波乱の決着に・・・。

木南 勝ったのは8番人気の関東馬ドゴール。開幕前は関東馬大苦戦が予想されていたけど、美浦の人馬が頑張っている。

力心 我々の「関東馬狙い」は間違っていなかったと思うんですが、僕の◎カポラヴォーロは1番人気で4着。木南さんの◎インシュラーは5番人気8着。猛省です。

木南 黒岩師に連絡したら、「作戦勝ちです」と喜んでいたよ。強気にハナにいったのが正解だった、と。平地では新馬勝ち直後にサウジアラビアRCでグランアレグリアの2着という成績がある馬。小野寺騎手が思い切って乗ったね。

力心 逃げた馬が押し切るレースが続いてます。日曜はさらに馬場が悪化しそうですけど、消耗戦になると、後ろの馬の追い上げが厳しいっていう考え方もあると思います。日曜4Rも前にいきそうな馬をイメージして・・・。

木南 人気を集めるのはダイシンクローバー。4走前の昨夏小倉は7着に敗れているけど、高田騎手とコンビを組んでから3戦連続2着。先行力があるし、この馬が中心になるのは間違いないね。

力心 僕は◎シェーンクラートに期待します。今回が障害転向3戦目。慣れが見込めますし、今日好騎乗を見せた小野寺騎手の手綱で、できれば逃げ切ってほしいです。

木南 俺は◎パシージョを狙ってみたい。

力心 障害初戦は4秒以上負けていますが、変わりますか?

木南 血統が魅力。この馬の母(フォトジェニック)の半弟が一昨年に欧州で話題になったフジモトフライヤー(牝5、父アドマイヤムーン)という馬なんだ。北海道のサマーセールで落札されて、アイルランドでデビュー。フランスのオートゥイユ競馬場のリステッド競走を勝って、英国のケンプトンパークでG2を2着(ともにハードル競走)。今シーズンもアイルランドで走ってる。

力心 うーん・・・、血統的な魅力はわかりますが、それだけで大きく変わりますかね? 自分はもう1頭、「平地で芝の短距離を使ってきた馬を狙う」という自分のセオリーを重視して、テランガに注目してます。

◆井上力心(いのうえ・よしきよ)1986年(昭61)9月6日、福岡県北九州市生まれ。幼少時に父と小倉競馬場へ行き、競馬の魅力にはまる。ITエンジニア、マーケティングコンサルタント職を経て、日刊スポーツ新聞社の競馬担当へ。好きな馬はサイレンススズカ。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!