10歳までタフに走ったサイモンラムセス(牡11、父ブラックタイド)がサンシャイン牧場(北海道日高町)で種牡馬生活をスタートし、今年ファーストシーズンを迎える。

8歳時に1000万下(現2勝クラス)と1600万下(現3勝クラス)グリーンSを連闘で連勝して、9歳時にはG3小倉大賞典を最低14番人気で3着。引退レースとなった10歳時のG3鳴尾記念も最低16番人気で4着と激走し、随所に意外性を発揮した。

澤田昭紀オーナーの熱意に応え、種牡馬としてもサプライズを起こすのか。23日現在、花嫁候補として2頭が決まっている。

  1. 藤田菜七子騎手まとめページはこちら!
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!