「ジャパン・ロード・トゥ・ケンタッキーダービー」初戦のカトレアSを制したレモンポップ(牡3、田中博)が今年の米3冠競走に登録を行ったことがわかった。

同馬はゴドルフィン所有の外国産馬。レモンドロップキッド産駒で近親には名種牡馬デインヒルの名前がある。昨年11月の東京で新馬戦、カトレアSを連勝し、ここまで2戦2勝。現在はヒヤシンスS(リステッド、ダート1600メートル、2月21日=東京)を目標に調整されている。

今年の米3冠競走は5月1日にケンタッキーダービー(G1、ダート2000メートル、チャーチルダウンズ)、5月15日に2戦目のプリークネスS(G1、ダート1900メートル、ピムリコ)、6月5日に最終戦のベルモントS(G1、ダート2400メートル、ベルモント)が行われる予定。また、同馬はドバイワールドカップデーに行われるUAEダービー(G2、ダート1900メートル、3月27日=メイダン)にも登録を行った。

管理する田中博師は「オーナーの意向で登録しました。まずはヒヤシンスSを目標にしていきます」と話した。

  1. ひと足早く2021年2歳馬特集公開
  2. 有料版極ウマ・プレミアムの魅力!